水野善弘行政書士・海事代理士事務所

ホーム > その他 > 遊漁船業の登録

遊漁船業とは、海面と指定された湖沼(サロマ湖、風蓮湖、温根沼、厚岸湖、霞ヶ浦、北浦及び外浪逆浦、加茂湖、浜名湖、琵琶湖、中海)において、船舶により利用客を漁場に案内し、釣りなどの方法で、利用客に水産動植物を採捕させる事業です。いわゆる釣り船、磯・瀬渡し、潮干狩り渡し、いかだ渡し、カセ釣り、シーバス釣りチャーターボート、観光定置網、バス・フィッシング・ガイドなどが該当します。

遊漁船業を営もうとする人(個人又は法人)は、「遊漁船業の適正化に関する法律」に基づいて、営業所ごとに、その所在地を管轄する都道府県知事の登録を受けなければなりません。

これより「愛知県」を例に、登録の方法をご説明します。その他の都道府県につきましては、当事務所までお問い合わせください。

1 新規登録の手続き
(1)新規登録の申請

愛知県内で、遊漁船業の営業所を設置し遊漁船業を営む場合は、愛知県知事に登録の申請を行わなければなりません。


(2)必要書類

ア 遊漁船業者登録申請書
イ 誓約書
ウ 選任した遊漁船業務主任者が基準に適合する者であることを証する書面
@海技士又は小型船舶操縦士免許の写し
A実務経験・実務研修証明書
B遊漁船業務主任者講習受講修了証
C誓約書
エ 損害賠償の支払い能力を証する書面(保険証券の写しなど)
オ 使用する遊漁船の船舶検査証書の写し
カ 法人の場合は登記簿謄本
キ 個人の場合は住民票の抄本又はこれに代わる書面
(住民票の謄本、運転免許証の写し、健康保険証の写しなど)
ク 法人の場合は役員、未成年者の場合は法定代理人の住民票の抄本又はこれに代わる書面
ケ 選任した遊漁船業務主任者の住民票の抄本又はこれに代わる書面


(3) 登録申請手数料

26,000円
(登録申請書の証紙貼付欄に、愛知県の収入証紙を貼付)
2 更新登録の手続き
(1) 更新登録の申請

登録を受けた遊漁船業者は、5年ごとに登録の更新をしなければなりません。更新の申請は、有効期間の満了日の30日前までに行わなければなりません。


(2) 必要書類

新規登録の申請時と同じです。


(3) 更新登録申請手数料

18,000円
(登録申請書の証紙貼付欄に、愛知県の収入証紙を貼付)

水野善弘行政書士・海事代理士事務所