水野善弘行政書士・海事代理士事務所

ホーム > 取扱い業務一覧 > 特殊車両通行許可
特殊車両通行許可とは?
道路はある一定の規格(以下、「一般的制限値」という。)の車両が安全・円滑に通行できるように設計されており、一般的制限値を超える車両(以下、「特殊車両」という。)については、道路の構造又は交通に支障を及ぼす恐れがあるため、道路の通行が禁止されています。(道路法第47条第2項)
そこで道路管理者が審査し、車両の構造又は車両に積載する貨物が特殊であり、道路を通行することがやむを得ないと認められる場合に限り、道路構造の保全、および交通の危険を防止するために必要な条件(徐行、連行禁止、誘導車の配置、通行時間の指定等)を付して一般的制限値を超える車両の通行を許可しています。(道路法第47条の2)
特殊車両通行許可申請が必要となる場合
車両の幅・長さ・高さおよび重さのいずれかが「一般的制限値」を超えたり、橋・高架の道路・トンネル等で総重量、高さのいずれかがその制限値を超えたりする特殊車両を通行させるには特殊車両通行許可が必要となり、必要な書類を揃えて道路管理者へ申請を行い、許可を受けなければなりません。
「一般的制限値」
2.5メートル
長 さ
12メートル
高 さ
3.8メートル
高さ指定道路 --- 4.1メートル
重 さ
総重量
20トン
高速自動車国道、重さ指定道路  --- 軸距の長さに応じ最大25トン
軸 重
10トン
隣接軸重
(ただし、隣り合う車軸の軸距が1.3メートル以上かつ隣り合う車軸の軸重がいずれも9.5トン以下のとき --- 19トン)
隣り合う車軸の軸距が1.8メートル以上--- 20トン
輪荷重
5トン
最小回転半径
12メートル
(道路法第47条第1項、車両制限令第3条参照)

水野善弘行政書士・海事代理士事務所